子供が小さい時期の仕事との両立

TOPICS

子供が小さい時期の仕事との両立

子供が小さい時期の仕事との両立 産休を取っている人は長くて1年ほどしたら、仕事に復帰します。一度は退職した人でも状況によっては産後すぐに働かなければいけないという人もいます。私も産後6ヶ月で仕事に就きました。しかし、子供が小さければ小さいほど、仕事との両立は難しいと感じます。子供だって、初めての保育園生活で慣れない故からか体調を崩すことが多くて、結局欠勤が増えることもあります。

保育園の生活になれた子供でも、急な体調不良で保育園に預けられないときや、保育園からの呼び出しはあります。そうしたときに、仕事との両立は難しいと感じることがあります。そこでポイントなのは、いかに職場を味方につけるかということと、休みの日を上手に活用するということです。

職場を味方につけるには、子供の情を優先しつつも必ず仕事でフォローを入れるということです。急な欠勤、早退はしょっちゅうあるものと覚悟の上で、そのことを上司や同僚に話しておくことや、自分ができなかった分の仕事を変わってくれた人へのフォロー、また自分もほかの日にフォローするなどの姿勢は必要です。休みの日には、自分の体を休めるための日にしたり、たまった家事を片付ける日というのを作ることも大切です。仕事の日は、仕事から帰ると育児がメインになるのでそのほかの家事ができないこともありえます。そうしたときは保育園に事情を話し、仕事が休みのうちの何日かは自分のために時間をとることも必要です。

Copyright (C)2014子供が小さい時期の仕事との両立.All rights reserved.